TOP > 事業案内 > 品質管理

高い生産能力と細やかな品質管理による生産体制で信頼される製品作りを実践しています

先進設備を導入し、GMPに即した万全の品質管理を実現。

 信頼性の高い製品づくりに携わるこの分野では、品質管理にも重点を置き、原料から中間製品、最終製品までの各段階で品質試験を実施。各工場には、高速液体クロマトグラフ、原子吸光光度計等の分析装置を充分に揃えた試験室を設置し、そこで行われる厳しい品質試験にクリアした製品だけを市場へ出荷しています。また、作業設備や周辺部の清掃を励行し、交差汚染の防止に細心の注意を払っているのはもちろんのこと、九州第2・第3工場では、GMPに則った高レベルの品質管理体制を整えています。

※GMP=Good Manufacturing Practicの略。品質管理マネジメントの国際標準規格であるISO(International Organization for Standardization)に準拠した規格。

<<生産ページへ